自動車を運転していると色々なトラブルに巻き込まれるものです。中にはあまり身に降りかかることが無いような大きな事件に巻き込まれることもあるのでそのための備えも念のために用意しておきましょう。例えば自動車の盗難は自動車を丸々失う事になるような大事件ですが、一度盗まれた自動車を見つけるのは非常に難しく、何の対策もしていないと泣き寝入りせざるを得ないことも多いので、そんな事態に陥らないためにも防犯のためにGPSを搭載しておきましょう。
防犯のために取り付けられるGPSは車内にリアルタイム型GPSを取り付けたカーナビや発信機を取り付ける事によって利用することが出来ます。リアルタイム型GPSはGPSから発信されている電波から衛星経由で現在地点を地図などに表示できるようになっており、自動車がどこを走っているのか一目で確認することが出来ます。GPSから発信される情報を携帯などから確認できるようにしておけば自分が自動車に乗っていなくても自動車がどこにあるのか確認することが出来るので、警察にそのことを伝えればすぐに自動車を発見することが出来るでしょう。通信費用が掛かるというデメリットはありますが自動車を盗まれることを考えればデメリットのうちにも入りません。